第19回社会産業理工学研究交流会2019で研究報告

2019年9月27日(金),理工学部共通講義棟6F創成学習スタジオにおいて,第19回社会産業理工学研究交流会2019が開催され,鈴木先生が平成30年度阿波銀行学術・文化振興財団研究助成採択者として研究報告しました.研究テーマは「タンパク質マイクロアレイ解析ソフトの開発」です.この研究は,鈴木先生が博士後期課程の学生だったときに始めたものです.研究室としては馴染みのない研究テーマですが,地元企業であり徳島大学発ベンチャー企業の応用酵素医学研究所との共同研究として進めています.

理工学体験大学講座を実施

2019年8月19日(土),理工学部のオープンキャンパスに合わせて理工学体験大学講座「大学って,どんな授業をしているの…?」が開催されました.電気電子システムコースからは,「人工知能(AI)ロボットを動かしてみよう」というタイトルのプログラムを用意して,安野先生と鈴木先生が担当されました.小型のカメラで撮影した画像からAIを使って認識し,その結果に応じてロボットの動きを変えるという内容でした.時間が限られていたのでプログラムのコーディングはできませんでしたが,AIを学習させたり,学習結果を検証したりすることができました.大学での授業や研究の雰囲気を感じ取ってもらえたのであれば嬉しいです.

研究室対抗ボウリング大会(前期)に参加

2019年7月19日(金),末広ボウルにて電気電子システムコース研究室対抗ボウリング大会(前期)が開催されました.こまつしま健祥会認定こども園の夏まつり前日という忙しい時ではありましたが,久しぶりにみんなでボウリングを楽しむことができました.結果は,前回大会の準優勝ほどではありませんでしたが,次回大会に期待したいと思います.