徳島医理工連携会議(2017年7月)で発表

2017年7月28日(金),国立病院機構徳島病院の総合リハビリテーションセンターにて徳島医理工連携会議が開催され,須本さんが研究室の紹介と自身の研究内容を発表しました。また,この日は徳島県立富岡西高等学校の生徒さんとともにロボットリハの現場を見る機会に恵まれ,貴重な経験ができました。ご協力いただいた患者さん,本当にありがとうございました。今後の研究に活かしていきたいと思います。
※徳島県立富岡西高等学校の本件関連ページ

とくしま健祥会保育園の夏まつりに出展

2017年7月23日(日),サイエンス教室を実施している「とくしま健祥会保育園」の夏まつりが開催され,「ピンポン・シューティング」を出展しました。

4園目の出展となったこの日は,システムの様々な箇所で不具合が生じ,何度も調整を繰り返すことになりました。しかし,なんとか最後まで動作させることができました。

また,屋外でピンポン・シューティングを動作させるのは初めての経験で,日が沈み薄暗くなってからはピンポン玉の色認識が難しくなり,照明の調整に四苦八苦する場面もありました。改めて,安定して動作させることの難しさを感じました。

これでサイエンス教室に行っている4園すべての夏まつりが終わりました。延べ600名を超える子供たちにピンポン・シューティングを体験してもらうことができ,我々としては大変喜んでいます。

次は,「科学体験フェスティバルin徳島」に向けて更にバージョンアップしていきたいと思います。

こまつしま健祥会認定こども園の夏まつりに出展

2017年7月22日(土),サイエンス教室でお世話になっている「こまつしま健祥会認定こども園」の夏まつりが開催され,「ピンポン・シューティング」を出展しました。

育英認定こども園の夏まつりが終わってから1週間の準備期間があったため,不具合等の改善を含め,バージョンアップを図りました。

開始時間が若干遅れたため,予定していた時間を延長し,200名を超える子供たちに体験してもらうことができました。

システムの安定性も増してきて,落ち着いて対応することができました。

保護者の方から,「年々レベルアップしていますね!すばらしい!」とお褒めの言葉をいただき,非常に嬉しく思いました。改めて,期待に応えられるようにレベルアップを図っていきたいと思いました。

西宮市立西宮東高等学校の生徒が研究室を見学

2017年7月21日(金),西宮市立西宮東高校の生徒さんが研究室の見学に来てくれました。

非常にタイトなスケジュールで,20分ほどの時間しかなかったため,研究内容を十分ご紹介することができませんでした。

しかし,研究室の雰囲気は感じ取ってもらえたのではないかと思います。

将来,徳島大学に入学してくれることを期待しています。

育英認定こども園の夏まつりに出展

2017年7月16日(日),サイエンス教室でお世話になっている育英認定こども園の夏まつりが開催され,「ピンポン・シューティング」を出展しました。

前日に開催された青嵐認定こども園の夏まつりでの出展経験(反省)を踏まえ,幾つか改良を加えました。その効果は十分現れ,多くの方々に楽しんでもらえたと思います。

「すだちくんぬいぐるみロボット(阿波踊りバージョン)」も披露しました。

青嵐認定こども園の夏まつりに出展

2017年7月15日(土),サイエンス教室でお世話になっている青嵐認定こども園の夏まつりが開催され,「ピンポン・シューティング」を出展しました。

この夏まつりが,4年生が中心となって企画・製作した「ピンポン・シューティング」の初出展となりました。

概ね,コンセプト通りのパフォーマンスが発揮でき,多くの来客に楽しんでもらうことができました。4年生の頑張りに感動と伝統を立派に引き継いでくれたことへの感謝の気持ちでいっぱいになりました。皆さんお疲れ様でした。

また,小さな子供が強い興味を示して長い時間じっと見つめている姿も印象的でした。少しでも科学に興味をもってくれれば嬉しいです。

この夏まつりで,「すだちくんぬいぐるみロボット(阿波踊りバージョン)」も初披露しました。大勢の子供達に,阿波踊りのパフォーマンスを楽しんでもらいました。