2008年-発表論文

学会誌掲載論文

  1. Mayumi Morimoto, Takashi Yasuno, Emiko Yasuno, Hiroshi Suzuki, Hironobu Harada : Traffic Control of Multiple Sweeping Robots on Panel Cruising Problem, Journal of Signal Processing, Vol.12 , No.4, pp.331-334, July 2008
  2. Hitoshi Sori, Takashi Yasuno : Several-Hours-Ahead Wind Speed Prediction System Using Hierarchical Neural Network, Journal of Signal Processing, Vol.12 , No.6, pp.507-514, November 2008

研究会

  1. 安野卓,野上亮平,濱本健太郎,桑原明伸,原田寛信:駆動電流フィードバック型CPGネットワークを用いた4脚ロボットの適応的歩容制御,電気学会産業計測制御研究会資料,No.IIC-08-153,pp.21-26,9月11日,2008
  2. 下村 直行, 森田 郁朗, 安野 卓, 北條 昌秀, 川田 昌武, 寺西 研二, 大西 徳生 : 電気電子工学実験の試み — 少人数教育から見えてくるもの —, 電気学会研究会資料, Vol.FIE-08, No.2, pp.11-15, 2008年9月

シンポジウム

  1. 鈴木浩司,安野卓:群知能ロボットの協調搬送制御,平成20年電気学会全国大会講演論文集,Vol.3,No.4-S16-3,pp.S16(9)-(12),3月19日, 2008
  2. 安野卓:ロボットのインテリジェントコントロール,技術交流会2008 基調報告,pp.37-44,8月5日, 2008
  3. Anuar Bin Mohamed Kassim, Takashi Yasuno, Akinobu Kuwahara and Hironobu Harada: Adaptive Jumping Motion Control for Quadruped Hopping Robot Using CPG Network, Proceedings of 13th Intelligent Mechatronics Workshop, pp.160-163, Sep. 8, 2008
  4. 刈谷学,川崎修,安野卓:非線形オートチューニングコントローラを用いた油圧理蓋の同調制御,第13回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集,pp.174-178,9月8日,2008
  5. 原宗竜,安野卓,桑原明伸,原田寛信:電動車いすのための触覚振動デバイスを用いた運転支援システムの評価,第13回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集,pp.45-48,9月8日,2008
  6. 桑島克典,安野卓,桑原明伸,原田寛信:バネ機構を有する膝関節用パワーアシスト装具の制御特性,第13回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集,pp.59-62,9月8日,2008
  7. 香川拓也,安野卓,漆原史朗,安野恵実子:GPを用いた群掃除ロボットの行動制御,第13回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集,pp.275-278,9月9日,2008
  8. 藤村直人,安野卓,瀧川喜義,薬師寺亮太,川崎憲介:偏差持続モデルに基づくファジィ推論を用いた風力発電の出力予測,第30回風力エネルギー利用シンポジウム,pp.201-204,11月,2008
  9. 曽利仁,安野卓:リカレント型ニューラルネットワークを用いた短時間先風速予測,第30回風力エネルギー利用シンポジウム,pp.125-128,11月,2008

国際会議論文

  1. Munetatsu Hara, Takashi Yasuno and Hironobu Harada, Affordance Performance of Electric Wheelchair with Force-Feedback Joystick, Proceedings of International Symposium on Biological and Physiological Engineering / 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, No.2C3-4, pp.241-244, January 13-14, 2008, Hrbin, China
  2. Katsunori Kuwajima, Takashi Yasuno and Hironobu Harada, Development of Power Assist Knee Orthosis and Its Basic Control Characteristics, Proceedings of International Symposium on Biological and Physiological Engineering / 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, No.2C3-5, pp.245-246, January 13-14, 2008, Hrbin, China
  3. Tetsuro Amane, Takashi Yasuno and Hironobu Harada, Gait Characteristics at Installation of Power Assist Knee Orthosis with Spring Mechanism, Proceedings of International Symposium on Biological and Physiological Engineering / 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, No.2C3-6, pp.247-248, January 13-14, 2008, Hrbin, China
  4. Ryota Yakushiji, Takashi Yasuno, Naoto Fujimura, Kiyoshi Takigawa, Kensuke Kawasaki : Output Prediction Method of Wind Power Generation System Using Self-Tuning Fuzzy Reasoning, 2008 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, Watermark Hotel & Spa, Gold Coast, Australia March 6, 2008, pp.17-20, 2008
  5. Hitoshi Sori, Takashi Yasuno : Correction Method for Wind Speed Prediction After a Short Time Using Hierarchical Neural Network, 2008 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, Watermark Hotel & Spa, Gold Coast, Australia
    March 7, 2008, pp.259-262, 2008
  6. Hiroaki Tani, Takashi Yasuno, Hironobu Harada : Action Control Method of Sweeping Robot with Two Arms Using Neural Network, 2008 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, Watermark Hotel & Spa, Gold Coast, Australia
    March 7, 2008, pp.271-274, 2008
  7. Hiroshi Suzuki, Takashi Yasuno, Shiro Urushihara, Hironobu Harada : Leaning Method and Flexibility of Cooperative Pattern Generation System for Multiple Mobile Robots Using Neural Network, 2008 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, Watermark Hotel & Spa, Gold Coast, Australia March 8, 2008, pp.447-450, 2008
  8. Mayumi Morimoto, Takashi Yasuno, Emiko Yasuno, Hiroshi Suzuki, Hironobu Harada : Traffic Control of Multiple Sweeping Robots on Panel Cruising Problem, 2008 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, Watermark Hotel & Spa, Gold Coast, Australia
    March 8, 2008, pp.475-478, 2008
  9. Kenta Yuasa, Takashi Yasuno, Hironobu Harada : Walking Control and Evaluation of Tumble Danger-Degree for Quadruped Robot on Irregular Terrains, 2008 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, Watermark Hotel & Spa, Gold Coast, Australia
    March 8, 2008, pp.479-482, 2008
  10. Hitoshi Nakayama, Takashi Yasuno, Hironobu Harada : Adaptive Action Control for Leg-Wheeled Type Quadruped Robot on Unknown Environment, 2008 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, Watermark Hotel & Spa, Gold Coast, Australia
    March 8, 2008, pp.487-490, 2008
  11. Katsunori Kuwajima, Takashi Yasuno, Tetsuro Amane, Hironobu Harada : Development and Basic Control Characteristics of Power Assist Knee Orthosis with Spring Mechanism for Care Prevention, 2008 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, Watermark Hotel & Spa, Gold Coast, Australia March 8, 2008, pp.491-494, 2008

国内講演発表論文

  1. 桑島克典,安野卓,原田寛信:加速度情報に基づく膝関節用パワーアシスト装具の制御特性,平成20年電気学会全国大会講演論文集,Vol.3,No.3-085,pp.123,3月20日, 2008
  2. 飯田賢一,森太一,安野卓:球状車輪を用いた全方位移動車輌の応答特性,平成20年電気学会全国大会講演論文集,Vol.3,No.4-189,pp.314,3月21日, 2008
  3. 藤澤祥,安野卓,由良諭:階段昇降装置”Kongo-Zue”の階段昇降特性,平成20年電気学会産業応用部門大会講演論文集,No.Y-60,8月27日, 2008
  4. 野上亮平,安野卓,濱本健太郎,原田寛信,桑原明伸:電流フィードバックを有するCPGを用いた4脚ロボットの適応的歩容生成,平成20年電気学会産業応用部門大会講演論文集,No.Y-64,8月27日, 2008
  5. 森太一,飯田賢一,安野卓:光学マウスセンサを用いた全方向移動車輛制御,平成20年電気学会産業応用部門大会講演論文集,No.Y-71,8月27日, 2008
  6. 鈴木浩司,安野卓,原田寛信,桑原明伸,漆原史朗:群知能ロボットによる複数台逃避ロボットの協調誘導制御,平成20年電気学会産業応用部門大会講演論文集,No.Y-72,8月27日, 2008
  7. 戸張正崇,安野卓,原田寛信,桑原明伸,鈴江宏範:ファジィ推論を用いた簡易日射量予測システムの予測値補正,平成20年電気学会産業応用部門大会講演論文集,No.Y-89,8月27日, 2008
  8. 戸張正崇,安野卓,桑原明伸,原田寛信,鈴江宏範:気温差および湿度予測値を用いた最大日射量予測値の補正,平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集,No.3-7,9月27日, 2008
  9. 北島孝弘,曽利仁,安野卓:階層型ニューラルネットワークを用いた風速予測システムの精度評価,平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集,No.3-10,9月27日, 2008
  10. 藤村直人,瀧川喜義,松浦芳彦,川崎憲介,安野卓:遺伝的アルゴリズムを用いた風力出力予測の精度向上,平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集,No.3-11,9月27日, 2008
  11. 薬師寺亮太,安野卓,藤村直人,瀧川喜義,川崎憲介:偏差持続モデルを用いたファジィ推論による風力発電出力予測,平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集,No.3-12,9月27日, 2008
  12. 滝脇悟,安野卓,桑島克典,桑原明伸,原田寛信:歪みゲージを用いた人体の運動状態推定システムの基礎的検討,平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集,No.7-2,9月27日, 2008
  13. 有持裕紀,安野卓,鈴木浩司,桑原明伸,原田寛信:ディジタルコンパスを用いた自律型移動ロボットの自己位置同定,平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集,No.7-8,9月27日, 2008
  14. 香川拓也,安野卓,漆原史朗,安野恵実子:遺伝的プログラミングを用いた群掃除ロボットの衝突回避ルール生成,平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集,No.8-1,9月27日, 2008
  15. 鈴木浩司,安野卓,漆原史朗,桑原明伸,原田寛信:実群ロボットによる逃避ロボットの協調誘導制御特性,平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集,No.8-2,9月27日, 2008
  16. 多田昌幸,安野卓,桑原明伸,原田寛信:強化学習を用いた4脚ロボットの起き上がり動作の獲得,平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集,No.8-3,9月27日, 2008
  17. 尾崎史郎,安野卓,桑原明伸,原田寛信:ファジィ制御を用いた自律型ATVの軌道追従制御,平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集,No.8-4,9月27日, 2008
  18. 藤澤祥,安野卓,由良諭,原田寛信:速度および位置偏差フィードバックを有する2軸速度同期化コントローラの制御特性,平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集,No.8-6,9月27日, 2008
  19. 野上亮平,安野卓,桑原明伸,原田寛信:CPGを用いた腱駆動関節のモーションコントロール,平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集,No.8-7,9月27日, 2008
  20. 坂本卓士,安野卓,桑原明伸,原田寛信:クローラ式レスキューロボットの試作と遠隔操縦による走行特性,平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集,No.8-15,9月27日, 2008
  21. 湯浅健太,安野卓,原田寛信,桑原明伸:感圧センサ情報を用いた4脚ロボットの転倒危険度推定と歩行制御,平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集,No.8-16,9月27日, 2008
  22. 中山仁,安野卓,桑原明伸,原田寛信:オムニホイールを用いた4脚車輪型移動ロボットの全方位移動制御,平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集,No.8-17,9月27日, 2008
  23. 原宗竜,安野卓,桑原明伸,原田寛信:電動車いす運転支援のための振動感覚デバイスの有用性評価,平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集,No.8-18,9月27日, 2008
  24. 桑島克典,安野卓,原田寛信,桑原明伸:屈伸運動における試作膝関節用パワーアシスト装具の制御特性,平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集,No.8-19,9月27日, 2008
  25. 山根達也,安野卓,原田寛信,桑原明伸:ODEを用いた福祉機器開発のための簡易人体運動シミュレータ,平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集,No.8-20,9月27日, 2008
  26. 田中佑治,安野卓,鈴木浩司,安野恵実子,桑原明伸:工学教育のための教材「動く座布団」の開発,平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集,No.8-21,9月27日, 2008
  27. Anuar Bin Mohamed Kassim, Takashi.Yasuno, Akinobu Kuwahara and Hironobu Harada : Stable Motion Control of Quadruped Hopping Robot on Irregular Terrain, 2008 Shikoku-Section Joint Convention Record of The Institutes of Electrical and Related Engineers, No.17-44, 27 Sep., 2008
  28. 飯田賢一,森太一,安野卓:自己位置推定による前方向移動車輌制御,平成20年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集,No.G3-11,11月8日, 2008