研究室のご紹介

 安野・鈴木研究室(SKYLAB)は,徳島大学理工学部理工学科電気電子システムコースに所属している研究室です.

 研究室所属の大学院生は,創成科学研究科・理工学専攻・電気電子システムコースに所属し,学部生は理工学部・理工学科・電気電子システムコースに所属しています.

 鈴木研究室,鎌野研究室を引き継ぐ形で平成19年4月に発足した研究室です.その当時から,研究室のニックネームもSKYLABを継承しています.

 研究活動は,「知的情報処理機能の工学的応用」を大きな目標とし,ロボットシステム,自然エネルギー利用システム,介護・福祉システム,農業支援システムを具体的な研究対象として,以下に示す4つの研究チームを設けてそれぞれ研究プロジェクトを推進しています.研究室ロゴの中央に示す5角形は,研究室当初に設けられていた5つの研究チームが協調し,すべてのチームが同様に発展できるようにとの思いが込められたものです.令和4年度からは研究チームを見直し,4つの研究チームで研究活動を進めることにしました.

  • ロボットチーム
    (自律型移動ロボット,群ロボット,自律自動運転車輌,脚式ロボット,同期・協調制御システム,ホッピングロボットなど)
  • 農業支援チーム
    (防除ロボット,農作業支援ロボット,環境計測・制御システムなど)
  • 自然エネルギーチーム(風力発電システム,太陽光発電システム,日射量予測システム,風速・風向予測システムなど)
  • 医療・介護・福祉チーム(運動計測システム,歩行支援装具,電動車いすなど)

 各チームの研究プロジェクトは,学術的な基礎研究に基づく応用研究に重点を置いて進めています.

 研究室では,研究成果は広く一般に公開すべきであるとの考えのもと,各種学術誌への論文投稿,学会発表はもちろんのこと,各種展示会,大学祭,科学イベントなどへの出展も積極的に取り組んでいます.

 さらに,大学という教育機関に所属している立場から,将来を担う若者(保育園児から社会人まで)に対する科学や工学(モノ作り)への動機付けや,リカレント教育を含めた幅広い層の人材育成にも取り組んでいます.